caregivers_banner

イベント情報

e8b699e38080e5beaee4bfa1e59bbee78987_20201224034306
『中国人寿2019年中国健康養老産業シンポジウム』に参加 プレスリリース 2.....
20200428pic-640x426
上海由由(集团)股份有限公司(以下简称上海由由集团)山佳明董事长、山青峰.....
1-1
今天(6/14)、从泰国来了泰国王立陆军看护学校的老师和学生们共43名来日考察学.....

デイサービスだより

2-e5beaee4bfa1e59bbee78987_202101011635262
湖山医療福祉グループ 「カメリア藤沢SSTお正月PV 2019」 (社会福.....
e291a0e38080e5beaee4bfa1e59bbee78987_20201224185114
千葉商科大学 - Chiba University of Com.....
e5beaee4bfa1e59bbee78987_202012240414303
7・31のチームケア学会は、初のzoom,YouTube利用.....

ショートステイだより

1
あしすと万能倉Web竣工式 •2020/11/16 にライブ配信 転載動画.....
s-img_9330
3月26日(周四)天气很好,花开得很美。 在特别养护养老院举行了【なの花】.....
14-1
前几天去参加湖山医疗福祉集团的社会福祉法人绿爱会特别养护老人院Ō do ekur.....

【银座湖山日記】比家庭快乐

(2021/01/05)

1641947_s-e697a5e69cace8aa9ehp

父母哭着说不想进医院或老人院。

对于这样的老人,请先暂时体验一下短期住宿。

因为像在湖山集团医院设施体验过的使用者中,没有人不想留下。

因为大家对宜居、餐、洗浴的服务都很满意。

但是,我想不仅仅如此。

和工作人员之间比家人更融洽的人际关系,一定是大家喜欢的。

因为孩子和孙子很少来。

不是代替,而是作为朋友,和我们有人情味的交流,不,是生活。

我们在一起的时间,比亲生父母还要长。

因为工作人员负责很多工作,所以仅仅为了完成当天的工作,就会拼命。

完全没有余力。

使用者会仔细观察当天负责的工作人员。

你今天身体不舒服吧。

不知道有没有人被问过这样的问题。

将自己的生命都托付给他了,这是理所当然的。

老年人无法忍受年轻人为了年老的自己而牺牲自己。

即使不是自己的家人。

这种心情,我也切身体会到了。

今年正式职员将达到13000人。

需要照顾的父母多达20000人。

如果是这样的话,湖山集团的设施应该优先接纳职员的父母。

我不希望大家为了照顾父母而离职。

为了实现这一目标,设施必须提高收益,免除父母的房费。

我的父亲就是由湖山的员工照顾的。

我想让湖山的朋友们都能这样尽孝。

如果不这么做,就会被父亲训斥。

我去探望父亲时,和介护人员以及院内托儿所的幼儿聊天,显然更开心。

与其说是医院,不如说是一个大家庭。

这是身为儿子的我的真实感受。

医院设施的宗旨是让父母住进去。

那不是不输给家庭,而是比家庭更明亮快乐的世界。

有社会性、人际关系多样、生活丰富的大家庭。

就是这样一个渴望温暖的新年。

昨天和银座的职员一起吃了木村屋的面包。

是特制的草莓味的。我想应该是期间限定产品。

成为了今年正月的奢侈。

今天为止,湖山职员新冠16人。

辛苦了,感谢你们。

~~~~~
湖山医疗福利集团 代表 湖山泰成

————-

【银座湖山日記】15 家庭より楽しい

親が、病院や老人ホームに入りたくないと泣く。
そんなお年寄りに、まず、ショートステイで暫く、体験してみてください。
そうして、湖山Gの病院施設を体験したご利用者患者で、残らなかった人の事は聞いたことがない。
皆さん、アメニティや食事、入浴のサービスに満足したからだ。
でも、それだけではないと思う。
スタッフとの、家族より居心地の良い人間関係が、気に入ったに違いない。
子供も孫もなかなか来てもらえない。
その代わりではない、友人として、私達との人間味ある交流、いや、生活があるからだ。
私達も、実の親よりも、長い時間、一緒に、そばにいる。
スタッフは大勢を担当しているので、その日の業務を完了させるだけで、必死。
全く、余裕はない。
利用者は、その日の担当スタッフをじっくり見ている。
あなた、今日は体調良くないんじゃない。
などと聞かれた事はないだろうか。
自分の命を預けているのだから、当たり前だが。
お年寄りは、老いた自分の為に、若い人が犠牲になる事に耐えられない。
自分の家族でなくとも。
その気持ちが、私も実感として、わかる年になった。
今年は正職員13000人になる。
介護をしなければならない親は、20000人はいる事になる。
ならば、湖山Gの施設は、職員の親を優先して入れたい。
介護離職をしてほしくない。
その為には、施設は、収益を上げて、親の室料を無料にしなければ、実現しない。
私は、父を湖山にお世話になった。
私の湖山の仲間は、皆そのような親孝行ができるようにしたい。
そうしなければ、父に叱られそうな気がしてならない。
私が父を見舞いに行っても、介護スタッフや院内託児所の幼児と話している方が、明らかに楽しそうだった。
病院と言うより、大きな家庭だね。
息子の私の実感だった。
親を入れたい病院施設がモットー。
それは、家庭に負けない、ではなく、家庭よりも明るく楽しい、と言う世界だった。
社会性のある、人間関係の多様な、豊かな大家庭。
そんな、暖かみを渇望する、正月です。
昨日、銀座の職員と木村屋のアンパンを食べました。
イチゴ味の特製です。期間限定だと思います。
今年の正月の贅沢となりました。
今日迄湖山職員にコロナ16人。
御苦労様です。感謝致します。
湖山G代表 湖山泰成

ーーーーーーー
【コメント】

代表は、湖山Gをスタッフが親を入れたくなるような施設にしたいと強調しています。

スタッフにしてみれば、自分の親がお世話になるので、安心して、しかも積極的に仕事に尽力するでしょう。

そして、利用者たちは、スタッフを自分の子供のように頼りになる存在だと思うでしょう。

そうすれば、お互いに信頼でき、支え合う楽しい家庭のようになり、運営もうまくいくと思います。

◇◆◇◆◇◆◇

愛生会 多摩成人病研究所
Taku ren(医療福祉経営学博士)
■mail:

taku-ren@naebafukushikai.com